あなたに適しているのはどっち?スキーとスノボを徹底比較

初心者が特に気になるポイントはこれ!

スキーの方が怪我をしにくい

2018年から2019年にかけて、怪我をしたスキーヤーの数はおよそ1,600人となっています。
一方スノーボーダーの数はそれよりも多く、およそ2,000人にものぼります。
この結果から、スノボの方が怪我をしやすいことが分かります。スキーは怪我防止のために、変な方向にひねりが加わると板が自動的に外れる仕組みになっています。
また両足それぞれが別々に動かせることも、大きな怪我につながりにくい要因です。
さらに転んだ時に、体の横前面から転ぶので衝撃が少ないと言われています。
スノボは両足が1枚の板に固定され、さらに体を支えるストックも持たないため、スキーよりも転倒しやすく怪我をしやすいと言われています。
転んだ時に手や膝、お尻を強打することが多いため、手首のねんざや骨折、膝やお尻の打撲が多く起こっています。
特に初心者だと転んだ際に手をつきやすいので注意が必要です。

始めやすいのはスノボ!

新しくスキーやスノボを始めようと考えた時に、気になるのが初期費用のことです。
最近ではレンタル品でも質の良いものがお値打ち価格で借りられるので人気を集めていますが、購入したいと考えているならば、スノボの方が初期費用は抑えられます。
まずスキーよりも必要な道具の数が少ないため、その分安く済みます。
また新品・中古品ともに、スノボの方が安くなっています。次に気になるのが、道具を持って移動する時に自分で運べるかどうかです。
スキーだと、最近登場した新しいタイプのスキー板でも自分の身長と同じ長さがあります。
中古品で昔のスキー板を購入すると、さらにそれ以上の長さになります。
そのため小さい車やセダンタイプの車では車内に入りきらないので、車にスキーキャリアを付けなければなりません。
その点スノボの板はスキー板よりもかなり短いので、たいていは車内に入れることができます。


TOPへ戻る