あなたに適しているのはどっち?スキーとスノボを徹底比較

どちらの方が簡単にできる?

ブレーキのかけやすさはスノボ優勢!

スキーもスノボも、コースには木々や自分以外の滑走者など避けなければならない障害物が多くあり、自分がかけたいタイミングで的確にブレーキをかけなければ、大きな事故にもつながります。
そのためブレーキ技術は絶対に習得しなければいけません。
スキーは板を八の字にしたり、両方の板を斜面に対して真横に向ければ、エッジが立ちブレーキがかかります。
しかしこれがなかなか難しいもので、特に初心者だと腰が引けてしまい余計にブレーキがかかりにくい状態になってしまいます。
一方スノボの場合は、板が1枚なので、その板を斜面に対して横向きにするのは意外と簡単にできます。
また板の幅がスキー板よりも広いので、その分ブレーキもかかりやすくなっています。

ターンやバランスの取りやすさはスキー

ターンがしやすいのはスキーの方です。
片方の足に力をかけて体重移動すれば曲がることができます。
またターンの時にバランスを崩すこともあまりありません。
スノボは体を前後に傾けて体重移動しますが、初めのうちは自分の死角となる後ろ側へ体を傾けるのに勇気がいります。
そのためしっかり体を傾けることができず、それがうまく曲がれない原因になります。
バランスの取りやすさもスキーの方が優勢です。
体が常に進行方向を向いており、両足それぞれが自由に動かせるので初心者でもバランスを保ちやすいと言われています。
また両手に持つストックも、体のバランスを保つ手助けをしてくれます。
一方スノボは両足が1枚の板に固定されている状態なので、バランスが取りにくいと言われています。


TOPへ戻る