スキーとスノボ、どっちが簡単?アンケート結果は

あなたに適しているのはどっち?スキーとスノボを徹底比較

まずはスキーとスノボの違いを知ろう!

ウインタースポーツと聞いてすぐに思い浮かぶのは、スキーとスノボではないでしょうか。
スキーとスノボの経験の有無についてアンケートを行ったところ、69.4%の人がスキーの経験があり、23.6%の人がスノボの経験があるという結果に。
さらにどちらも経験したことがある人は17.8%いました。
また、1年間に1回以上そのスポーツを行った人の数を見てみると、2016年ではスキーが330万人でスポーツの中で第18位、スノボは250万人でスポーツの中で第20位となっています。
スキーとスノボの人数を合わせると、その数は580万人にものぼり、これは野球やテニスに匹敵するほどです。
では、スキーとスノボではどちらの方が人気が高いのでしょうか?
かつての日本において、ウインタースポーツと言えばスキーが一般的でした。
高度経済成長期以降、スキーを題材にした映画が多数つくられ、若者の中で一大ブームとなりました。
しかしバブル崩壊後、若者を中心にスノボが新しいスポーツとして流行し、スキー人口はピーク期の3分の1にまで減少。
長らくスノボ優勢となっていました。
ところが、ここ数年でスキー人気が再燃していると言われています。
その理由として、子連れスキーが流行しつつあることが挙げられます。
その昔、バブルの頃に親にスキーに連れて行ってもらっていた人が、自身が子を持つ年齢になり、自分の子供とまたスキーを楽しむようになったからです。
そのため、今多くのスキー場では小学生以下のリフト券を無料にするなど、家族向けのサービスを強化しています。
このようにどちらの方が人気が高いとは言い難く、どちらも多くの方が楽しんでいますが、では初めてチャレンジする人にとって、最適なのはどちらなのでしょうか?
そこでこのサイトでは、スキーとスノボの違いや、それぞれの良さや難しい点などについてご紹介します。

TOPへ戻る